遮音の等級とは

FF009_L
マンションは上下左右に他人の部屋がありますから、遮音性能は特に知っておきたい性能のひとつです。よくマンションのパンフレットに「床の遮音性能はLL妬をクリア」などと書かれているものが、遮音性能の数値になります。遮音の「等級」には、上下階の音に関するもの、隣からの音に関するもの、窓を通して外から聞こえる音に関するものがあります。
マンションは戸建よりも上下左右それぞれに住居があるので、さらに遮音について気にしなくてはいけません。こちらで→後悔しないように情報を収集しましょう。
近年問題になっているのは、特に上階から伝わる音(床衝撃音といいます)についてです。マンションの床仕上げが畳とカーペットだけであった時代には、床衝繋音はほとんど問題になりませんでした。床仕上げをフローリングにすることが当たり前になった今日では、床の衝撃音対策が静かな暮らしを得るために必須の性能になっています。歩行音がコンクリートに響かないように、クッションを取り付けたフローリングが商品化されています。表面には確かに木目の薄板が張り付けてあり、見た目はフローリングですが、木質フローリング本来の歩き心地や暖かさなどがまったくなく、本末転倒な商品だと思います。リングですが、木質フロー、遮音性のある床下地をしっかりつくって、本物のフローリングで生活したいものです。住まい方を考えることも大切です。上下階に人が集まって住むマンションの特性を理解し、子供が騒いだりすることや、深夜の生活音(特に深夜のシャワー音はよく響きます)に配慮するなどの心がけも必要です。

Comments are closed.